どうしてスワッピングをするの?

性に関してオープンになってきているといわれる昨今、スワッピングをするカップルも増えている傾向にあるそうです。
スワッピングをするカップルが増えている背景には、インターネットの普及が大きく影響を与えていることは否定できないでしょう。
というのもスワッピング自体は最近に始まったものではなく、以前から夫婦交換という名称で行なわれてきました。
しかし、そんなプレイに参加するカップルを見つけ出すことができなければスワッピングはすることができません。

以前はセックスに関することだけになかなか相手を見つけることが難しかったものですが、近年ではネット上でスワッピングの相手を募集しているケースも珍しくなくなり比較的相手のカップルを見つけることが容易になったこともあって、最近スワッピング人口が増加しているのです。
スワッピングは特殊なセックスプレイの一つとしてプレイすることに抵抗を感じる人も多いようですが、カップルの関係のマンネリの防止や打破に有効といわれています。

どうしても長年に亘って男女の関係を続けているとマンネリに陥りがちですが、スワッピングによって自分のパートナーが別の異性とセックスをしているのを見ることが刺激となって新たな感情が湧いてきて、改めてパートナーへの思いを抱くことができるといいます。
一般的な考え方からすると理解しがたい面があるのでスワッピングをしている人というのは変態や異常性欲者といったイメージを持っている人もいるようですが、そんなことは全くありません。
むしろ二人の関係をより良くしたいという思いからプレイしているカップルも少なくないのです。

プレイの際にはこの点に注意

スワッピングを行なう際に重要なポイントのひとつに、それぞれの夫婦間でしっかりと合意と認識がなされているかということがあります。
自分のパートナーはもちろん、相手が二人ともにスワッピングを楽しもうという気持ちを持っていることが大切なのです。
誰か一人でも無理に参加していたり乗り気でなかったりすると、テンションが下がって楽しむことができません。
特殊なプレイですから最初からなかなか相手と打ち解けることは難しいかもしれませんが、ひょっとすると相手もはじめての経験で緊張しているかもしれませんから「今日はお互いに楽しみましょうね」などと声を掛けるのもいいでしょう。

スワッピングというと「何でもあり」なイメージからいい加減な行為をしても構わないといった思いを持っている人もいるようですが、何でもありだからこそきちんとしたマナーが必要なのです。
NGなポイント、OKラインなどをしっかり把握してお互いに確認してプレイしなければ、参加者全員が楽しい思いをすることはできません。
最近ではインターネットの出会い系サイトなどを利用してスワッピングの相手を求めるケースも少なくないようですが、どこの誰ともわからない相手とのプレイには注意が必要です。
メールのやりとりだけでその日を迎えるケースも多いのですが、それだけでは相手の人柄を知ることは難しいですし、ウソをつかれても見破ることは不可能です。

その場限りの関係とはいえお互いのパートナーを交換するという一種「密」な関係を持つわけですから、やはり事前にある程度きちんとしたコミュニケーションを図ることが肝心です。

納得・合意を得ることが肝心

スワッピングは夫婦交換ともいわれ、カップルがお互いのパートナーを交換してセックスを楽しむセックスプレイのひとつです。
世間の常識から外れた行為ではあるので、多くの人はいいイメージを持っていませんしそれを良しとしない人が多いのも現状です。
しかし、世の中の決して少なくない男性が非常に興味を抱いているのも事実でしょう。
その一方、女性は基本的に抵抗感や拒否感を持つ割合が高いといえます。
したがって、スワッピングをしたい夫が妻にプレイへの参加を持ち掛けてもなかなかOKしてもらえるのは難しいはずです。

それでも気持ちの収まらない夫は強行突破、自分勝手にお膳立てして妻には何の了解も取らず説明もせずにホテルに連れて行って、無理やりプレイに参加させようというケースもしばしば見られます。
妻にすれば、何も知らずに連れてこられたホテルで見ず知らずの男性とセックスを強要されるだけでもショックな出来事なのに、さらに夫は自分以外の女性と関係を持つのですから、まともな感覚でいられるはずはありません。
「そんなのあり得ない」と憤る人も少なくないかと思いますが、「夫が望んでいるのなら…」と自分を抑え我慢してスワッピングに参加している妻がいる現実もあります。

もちろん妻としてはいやいや行なうセックスが気持ちいいはずありませんし、その相手をする男性も気分はよくないはずです。
このように、相手の合意や了解なしに行なうスワッピングは誰一人に対してもメリットはないのです。
スワッピングを楽しむためには、参加者全員が納得・了解したうえで行なうことが最低必要条件だと心得るべきです。

相手のカップルとの相性も重要

スワッピングを楽しむためには、相手の夫婦との相性も非常に重要です。
ただセックスをする相手を交換するだけでなく、やはり男女が身体を交えるのですから誰でもOKというわけにはなかなかいかないものです。
お互いの夫婦の相性がよければスワッピング自体が愉しく充実したものとなりますが、相性がよくなければ愉しめないどころかあとあと夫婦関係にも悪い影響が出ることもあり得ます。
せっかくスワッピングをしても、早く終わらないかと思うようなプレイでは意味がありません。

スワッピングの基本は二組以上の夫婦がお互いのパートナーとともに参加するものですが、稀に男性が一人で参加する場合もあるようです。
「急に妻の都合が悪くなって…」などと言い訳をしてスワッピングを始めようとしますが、実はその男性は独身で、ただセックスがしたいだけでスワッピングの相手を募集しているなどとウソをついているといったケースもあります。
こんな場合、こちら側には何のメリットもないのでキャンセルしたほうが無難でしょう。
これはインターネットの出会い系サイトでプレイの相手を探した際にしばしばあることですが、注意しなければならない点です。

スワッピングは大人の男女のセックスプレイのひとつです。
したがってしっかりと大人としてのマナーを守らなければならないのですが、しばしばこのようなマナー違反をする人もいるのです。
また、パートナーに乱暴を働いたり無理に過激なプレイをしようとするケースも見られます。
だからこそ、愉しくスワッピングを行なうには相手を慎重に選ぶことも大きなポイントとなります。

スワッピングのメリット

自分の恋人や妻、夫が他の異性とセックスをすることに対して、多くの人が「絶対にイヤ」と拒否するに違いありません。
ところが、世の中にはそれを敢えて行なう人もいるのです。
それが「スワッピング」で、二組の男女のカップルがお互いのペアを交換するというセックスプレイのひとつです。
しかし、一般的には否定的考え方がほとんどであるこの行為を行なう理由とは何でしょうか。
それは「自分のパートナーが別の異性とセックスしているのを見ると興奮するから」「セックスは性的快感を得るものなのでそれができるのなら何でもOK」などさまざまです。

また、「パートナーとはセックスレスなので別の異性と堂々とセックスしたいから」「パートナーとのセックスでは満たされないのでスワッピングで欲求を満たしている」というケースもあります。
世の中ではパートナーとのセックスが満たされない場合、浮気や不倫をしてパートナー以外の異性とのセックスで欲求不満を解消しようとする場合が少なくありません。
そして大半において、その行為はパートナーには秘密です。

けれどもスワッピングはパートナーも一緒にプレイを行なうので、いわばパートナー「公認」で別の異性とセックスができるわけです。
浮気や不倫がバレて修羅場を迎えることになるのに比べて、スワッピングのほうがはるかに健全的とは思いませんか。
スワッピングというと眉をひそめる人も少なくないようですが、お互いの同意のもとで行なうのであれば世間一般的なモラルはともかく違法性はないので何の問題もありません。
却ってマンネリ化したカップルが結びつきを強くするなど、メリットも大きいのです。

Copyright© 2010 スワッピンング募集掲示板ランキング All Rights Reserved.